学会長 高橋 久美子

 

群馬老人保健センター 陽光苑

 

 

 

 

 

 第21回群馬県作業療法学会が群馬大学大学院保健学研究科にて開催されます。今年のテーマは「地域でいきる ~医療から生活へ~」としました。

 

 

 

 地域包括ケアシステムが推奨され、高齢者が可能な限り住み慣れた地域で自分らしい暮らしができる様、支援体制が徐々に構築されつつあります。しかし地域で暮らしている人は高齢者だけでなく年齢や病気・障害を持っている方々など様々です。

 

 

 

作業療法士は一人一人の対象者様と向き合い、それぞれの立場で何ができるかを考え日々の業務を行っている事と思います。今年は医療・介護報酬同時改定の年でもあり、日々対応に追われているのではないかと思います。

 

 

 

私たち作業療法士の働いている所は様々です。それに伴い支援の方法も様々であり、そのため「~医療から生活へ~」とサブテーマを考えました。他施設・先輩・後輩の方々と交流し、情報交換しながら自身の作業療法士としてのコアな部分の形成にお役立ていただければと思っています。

 

 

 

実行委員一同、この学会が作業療法士皆様の一助となり、すべての参加者の方々にとって意義のあるものとなるよう、準備を進めていきます。

 

 

 

多くの演題が集まり、充実した学会となる事を期待しております。

 

 

 

皆様の参加をお待ちしています。